スキンケアを大切に

スキンケアはとても大切です。

なぜなら、肌トラブルの原因の殆どが間違ったスキンケアをしてしまうことだからです。

自分では正しいスキンケアをしていると思っていても、実は肌にはよくない結果が出てしまうことがあります。

しかし、それに気づくまでは時間が掛かってしまうので、正しいスキンケアの方法を見つけなければなりません。

肌はとてもデリケートで、少しの衝撃でも肌バリアを傷つけてしまう恐れがあります。

特に乾燥肌で悩まされている人の8割の人達は間違ったクレンジングの使い方をしているからです。

このようにスキンケアを改善していくのであれば、まずは基本から学んでいかなければなりません。

肌に一番負担が掛かる行為は、顔を洗顔したり、化粧を落としたりすることです。

特にクレンジングによって、肌バリアが失われてしまう人が多いので注意をしたいです。

クレンジングはスキンケア商品として、化粧を落とす際に使いますが、オイルクレンジングとリキッドクレンジングの2種類があります。

オイルクレンジングは主成分がオイルでできているので洗浄力はリキッドクレンジングよりも高いです。

ですが、その分馴染みやすいので余分な皮脂までも洗浄してしまい、肌に負担が掛かってしまいます。

逆に、リキッドクレンジングはオイルクレンジングよりも肌への負担は少ないです。

水を主成分として使っているからです。

しかし、オイルクレンジングに比べてリキッドクレンジングは洗浄力が少ないのが欠点です。

一長一短でどうすればいいかも分からない人がいると思いますので、結論から言えば、化粧の濃さによってクレンジングを使い分けることが大切だという事です。

ですが、もともと肌が弱い人がいるので、クレンジングの相性があります。

合わない場合は無理して使用するのは止めましょう。

そしてもう一つ、クレンジングは用法用量をしっかり守ってください。

値段もそれなりにしてしまうスキンケア商品なので、ケチって少量のクレンジングオイルで無理やり落とそうとする人がいますが、肌への摩擦が増えることによって肌に傷を付けてしまいます。

乾燥肌になり、肌トラブルに巻き込まれてしまったら、元も子もないので、化粧を落とすことができる程度までしっかりクレンジングをしましょう。

肌を改善するのはとても難しく、風邪などとは違うものですので、根気よく継続することが大事です。

特に化粧の落とし忘れなどは肌にとってはタブーなので気を付けましょう。