紫外線対策

肌トラブルの中でも日常的に気を付けていかなければならないのは紫外線対策です。

紫外線は太陽の光であり、「赤外線」、「可視光線」、「紫外線」と3つの区分に分けられます。

紫外線の種類はUVAとUVBの2種類に分けられ、それぞれによって肌トラブルの種類が変わってきます。

UVAとは皮膚の真皮まで辿り着く紫外線であり、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊します。

真皮の役割としては肌の弾力を保っていますが、その成分となるコラーゲンとエラスチンを破壊してしまうので、肌に弾力性を失うことになるので、しわやたるみの原因となってしまいます。

UVBは表皮までしか届きませんが、皮膚を炎症させる効果があります。

UVAよりもエネルギーが強いです。

主に日焼けの原因がUVBであり、メラニン色素が変異し、シミの原因になったり、シワの原因になる原因にもなります。

紫外線による影響について軽く解説をしましたが、紫外線は体に悪影響しか及ぼさないことがよくわかると思います。

また紫外線によって遺伝子が突然変異をし、皮膚がんの原因にもなることで有名ですので紫外線対策をしていかなければなりません。

紫外線を対策する方法としては、単純ではありますが、太陽の光を極力浴びないようにしましょう。

特に日中は太陽光が強くなるので、外出をするのであれば日焼け止めクリームをしっかり付けて外出するか、日よけグッズを利用しましょう。

日よけグッズは紫外線を回避できればそれでいいので見た目などにあまりこだわりを持っていないのであれば、出かける時に持参をして活用をしましょう。

なんとなく紫外線は体に悪いということでしか認識をしていなかったと思いますが、いかがでしょうか?

紫外線は肌に悪影響しか与えませんので、今まで対策をしていなかった人達は対策をしましょう。

またこれから夏にかけてさらに温度は上昇をし太陽の光も強くなってくるので気を付けてください。

クレンジングオイル以外のシミやシワの原因の殆どは紫外線です。

紫外線によって肌が乾燥肌になってしまうこともありますので、紫外線対策は欠かすことができません。

特に肌バリアが剥がれた状態だと色々な状態になり、さらに悪化をしてしまう原因にもなります。

肌の弱い人はなるべく太陽の光が強い時は外に出ずに部屋の中で過ごすことが大切かもしれません。

紫外線がいかに怖いのかが分かってくれれば幸いです。

これからも自分に合ったスキンケアを目指していきましょう。