洗顔の仕方

つい化粧の残りを落としたり、汚れを落とす際に洗顔を強くしてしまいがちですが、正しい洗顔方法をしないと肌に余分なダメージを与えてしまう原因となります。

特に正しいと思っていた洗顔の知識が本当は良くないと言われてしまうこともあるため、しっかりとした洗顔の知識は身に着けていきたい所です。

ですので、今回は正しい洗顔の仕方を身につけましょう。

洗顔で主にやってしまうことを例に挙げてみます。

まず、熱いお湯か冷たい水で顔を洗うことです。

冷たい水で洗うことによって肌が引き締まると思いがちですが、冷たいから縮むだけであって急激な体温の低下に陥ると肌の乾燥の原因となってしまう恐れがあります。

熱めのお湯は皮脂を落とすのには適していますが、皮脂を落としすぎてしまうため乾燥になってしまいます。

おすすめはぬるま湯で洗顔をすることです。

続いて泡を立てないで洗顔することです。

泡を立てないで顔を洗うと摩擦が発生しやすくなり、乾燥肌への原因となってしまうのでなるべく泡を立てて洗顔をすると肌バリアを傷つけずに済みます。

泡立てネットなどを利用して泡を作ってあげてください。

次は顔を強く擦って洗うことです。

顔の汚れを落としたいがために顔を強く洗う人がいますが、摩擦によって肌バリアに傷ができてしまうのでやめた方がいいです。

そして、洗顔に時間をかけすぎている人です。

洗顔する時間が長ければ長いほど肌に負担を掛けることになります。

肌バリアが無くなってしまいますので、洗顔時間は1分以内に終わらせるように心がけましょう。

また洗顔の回数が多いのも肌に負担が掛かる行為となっているので気を付けてください。

正しい洗顔の仕方はまず手をしっかり洗い、お湯で顔を洗います。

続いて洗顔料をしっかり泡立て、力を入れすぎないように肌に馴染ませていきましょう。

皮脂が多いと言われているTゾーンから少しずつ下に行くように洗っていきます。

ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。

そして洗顔をした後は清潔なタオルで水分をふいてあげてください。

ここで気を付けなければならないのは擦ってはいけないことです、

あくまでもタオルで水分を吸収してあげるように顔の水分を取ってあげてください。

正しい洗顔方法を行うことができていましたか?

できていた方も、できていなかった方もこれからはこの洗顔方法を活用して、正しいスキンケアの仕方を実践して頂ければ嬉しい限りです。

キレイな肌を常に保てるように頑張りましょう。